池上植木はチームワークを重んじます。それは、植木屋はひとりではできない仕事だから。中学時代に一緒に何かできればと語り合った、あれから25年。海を通じ自然に触れ合うことが大好きなふたりが植木屋にのめり込んだのは、必然の流れだったのかもしれません(2019年、計6名)。
楽しさもつらさも六等分づつ。幼馴染だから、「遠慮なしに意見をぶつけ合える」「素直に尊重し合える」「技術を磨き、切磋琢磨できる」そんな温かくかつ、厳しい環境が池上植木を支えています。6人は「一生の仕事・植木屋」を盛り上げるために必要不可欠なパートナーなのです。

外構工事をすすめる、新たな仲間、冨澤職人
 

1、竹垣作りって

竹垣は地域や職人により、作り方やデザインが違います。その為、自由にデザインすることが出来、すべてオーダーメイドです。職人のセンスが問われます。


2、伐採・伐根作業

周りが家と塀に囲まれている為、夏場以外は日当たりが良くなく、風通しが悪いため毛虫が大量発生して住民の方がお子さんも一緒に住んでいらっしゃるので困るとの事でした。


3、砂利敷き作業

お客様は草にお困りでした。年に2~3回ぐらい私共に草刈りの御注文を頂いておりましたが、今回はおもいきって除草剤で根まで枯らし、防草シートを敷いて砂利敷きと庭木のお手入れの御注文を頂きました。


≫一覧はこちら

木や草花は生きているので時期が来れば成長します。山や森のように自然に放任できるような場所であれば、そのままで構いません。
 
 

今回は「刈り込み鋏」

植木屋さんって、どんな道具を使って、どんな風に仕事をしてるんだろう。そんな疑問に答えるために、植木や道具に関する特集を組みました。ご要望ございましたら、お気軽にメールください。